簡単にできる引越し見積りの使い方

見積り依頼の営業電話が苦手な方は

引越しトラック

民泊施設は荷物か限られているので、引越し自体はそんなに大変ではないでしょう。そんな場合でも、引越し業者の比較は行って依頼された方がもちろんお得です。
また、その施設に居住していないケースも多いので、わざわざ見積もりに来てもらうというのはとても手間がかかってしまいます。
そういった場合は、引越し侍が提供している引越し侍予約サービスの利用をおススメします。

 

ネット上で見積もり予想額・口コミが比較可能

引越し予約サービスでは、まず引越し元・引っ越し先の住所、引っ越す人の人数、荷物の量をを入力します。
引越し情報入力

 

すると、対応できる業者が一覧表示されます。

 

対応業者一覧-予約画面
予想料金・特典・トラックタイプと作業員数・口コミ・基本サービス内容がネット上で比較出来、そのまま予約まで出来てしまいます。

 

電話応対することなく、ネット上で比較して気に入った業者に予約まで1度に出来てしまうので、荷物の決まっている民泊施設の引越しにとてもおススメです。値下げ交渉は出来ませんが、基本サービスも15項目ほどとかなり細かく比較できるので納得して予約できると思います。

 

詳しくはこちらから→引越し侍 引越し侍予約サービス

 

ただし、あまり荷物が多い場合はネット予約は出来ないようです。
対応業者一覧-見積もり依頼画面
荷物が多いときは訪問見積もりで正確な料金を出す必要があるので、予約ではなく選んだ業者に見積もり依頼する形になります。それでも見積り依頼する会社をネットで選べるので沢山の業者に対応しなくて済みます。

 

ネットだけで比較・予約が出来る!引越し侍の引越し予約サービスはこちら


民泊新法による地域の変化

2018年6月に全国的に民泊を解禁する住宅宿泊事業法が施行され、自治体で独自に営業日数や地域などで規制をかける動きが出てきました。
地域によっては民泊への制限で週末のみの営業だったり、営業そのものを不可とするところもあるようです。

 

そういった動きを受けて、現在民泊営業されていた方で、営業地域を変える方も出てくるかと思います。
そんな引越しの負担を少しでも減らせるように、ラクでお得な引越し侍予約サービスのご利用をおすすめします。