最安値や安心できる単身引越し見積りの使い方

単身の引越方法

引越しトラック

単身の引越は、

  • 自分でレンタカーを借りて引越す
  • 宅配便の単身パックを利用する
  • 引越業者を利用する

  の3パターンがほとんどです。
それぞれのメリットデメリットを考えて、自分に合う方法を決めましょう。


自分でレンタカーを借りて引越す

引越しトラック

荷物が少ない場合はレンタカーを借りて引越すのが一番安く、自由度も聞きます。

 

【条件】
当然ですが、運転者がいることが大前提です。自分で運転してもいいですし、運転の出来る知人友人に手伝ってもらう方法もあります。運転者はワンボックスもしくは軽トラや2t車を運転できるということが前提になります。

 

【メリット】
自分のペースで引越しでき、上手く進めれば一番安く引越しを行えます。

 

【デメリット】
運び方が難しい大型家電や、大型家具がある場合、自分で無理して運んで破損しても保証もなく、逆に高くつく場合もあります。また、お手伝いを頼んだ場合、お礼に食事などをご馳走したりなどで、結局プロの業者と変わらない値段になってしまう場合も。

 

【注意点】
引越元や引越先に車を停められるかという事も気をつけなくてはいけません。デメリットにも書きましたが、大型のものや大切なものの運び方にも注意が必要です。

 

【予算】

軽トラクラス

バンクラス

2tトラック

6,000円(6時間)~

7,000円(6時間)~

10,500円(6時間)~


上記に+ガソリン代となり、更に保険やカーナビをつけると料金はアップします。


宅配便の単身パックを利用

単身引越しコンテナ

荷物が少なくて、運転者がいない場合は、コンテナを使う単身パックも良いでしょう。
代表的なのは、日通とクロネコヤマトになります。

 

【条件】
積載量に限りがあるので、荷物を減らし、大きな家具や家電は引越し先で購入する場合に特に向いています。

 

【メリット】
早め・平日・ネット申し込みを使うと、割引がきく場合が多いので、この条件を満たせば、よりオトクに引越しが出来ます。
オーバーした分は宅配便として別途送ってしまえば安く済ませられる場合が多いです。

 

【デメリット】
複数のボックスでも割引がありますが、複数ボックスの場合は、実は引越し屋さんの方が安くなる場合があります。
単身パックだから安いと勘違いせず、自分の荷物の量との見きわめが大事です。

 

【予算】

BOXサイズ(大)

料金

BOXサイズ(小)

料金

クロネコヤマト

104cm×104cm×170cm

14,700円~

(エリア・距離で異なる)

104cm×104cm×130cm

13,650円~

(エリア・距離で異なる)

日通

104cm×104cm×174cm

17,850円~

(エリア・距離で異なる)

108cm×74cm×154cm

17,850円~

(エリア・距離で異なる)

 


引越業者を利用

引越しトラック

大型家具・家電があったり、荷物が多い場合は、引越し業者にお願いした方が、手間も予算もカット出来る場合が多いです。

 

【メリット】
荷物を運んだり等の働く部分は少なくて済み、保証も付くので、気持ち的にも安心できる。
エアコンの設置なども一緒に頼める。(別途料金はかかります)

 

【デメリット】
安い業者も多いですが、基本的にトラックと人件費がかかるので、多少ある程度の金額はかかると考えましょう。

 

【予算】

荷物

トラック

作業員

大型家具

相場料金

少なめ

軽トラ

1名

無し

9,000円~

(エリア・距離で異なる)

多め

2tトラック

2名

有り

18,000円~

(エリア・距離で異なる)

料金が安くなるのは午後便かフリー便です。料金が高くなるのは1日便です。

午前便 朝8時から9時の間に始めて、午後1時頃までに必ず終了できることが条件。

積み込みや移動時間にあまり時間がかからないような案件のみ適用可能。
業者的には、午後に別の案件を入れられるので、ある程度割引の対象になります。

午後便 午前便の後に入れる案件で、大体午後2時ごろからスタート予定となるもの。

スタート時間がずれ込むこともあり、終わり時間も明確にならないので、人気が低く、割引の対象になります。

一日便 午前中から始まり、夕方までと1日かかるパターン。

荷物の多さによっては、近距離でも1日便になることも。
(管理人は家族5人で、駅をまたぐ近距離引越しでも1日かかりました)

フリー便 完全に業者の都合の良い時間で行う引越しで、時間指定のないもの。

業者都合なので割引の対象になります。

 

上記の条件に加えて、時期的要因(繁忙期か否か、平日か休日か、仏滅か大安か等)、距離的要因(移動距離)、立地的要因(道幅や坂道か、道路より高い立地の家までの階段数、集合住宅でのエレベーターの有無、クレーン等の特殊搬入の有無)、サービス内容(梱包・開梱、エアコンの取り外しや取り付け、ピアノ運搬等)でかなり変動があります。
ハイシーズンの3月春休みや12月中旬あたりは1.5~3倍になることもあります。

 

荷物の量や引越にかかる時間は、大抵自分の中の計算よりもオーバーします。(経験しました(^_^;))


単身パックも引越業者もまずは相見積を取ろう!

引越し侍

引越し侍

引越し侍はおもしろCMで有名な、東証1部上場しているエイチームが運営している引越し一括見積りサービスです。
抽選で当たる最大10万円のキャッシュバック特典や抽選の豪華プレゼントキャンペーン、新生活に必要なサービスがお得になったりと、ご利用特典満載!(※特典やキャンペーン・サービスは期間限定だったりシーズンで違います)

 

もちろん完全無料で利用できます。

 

また、最近は引越し予約サービスも展開、引越し情報を入力すると、ネット上で各引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較でき、そのまま気に入った業者へ引越しの依頼・予約も可能です。

 

 

引越し侍の無料一括見積りはこちら

 

引越し侍の引越し予約サービスはこちら

 

引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは160社以上から最大10件の一括見積りが出来ます。

 

他では中々ないクロネコヤマト引越センターも参加しているサービスなので、クロネコヤマトの見積りも取りたい方はこちらのご利用をお勧めします。

 

引越し価格ガイドの無料一括見積りはこちら

 

単身者は引越し予約サービスがおススメ!

急いでるからじっくり比較したり交渉する時間がない・・・。
相見積もりが引越し節約に効果的なのは分かるけど、沢山の電話やメールに対応するのが苦手・・・。

 

そういった場合は、引越し侍が提供している引越し侍予約サービスの利用がおすすめ!
特に単身引越しは見積もりが出しやすいので、そのままネットで比較して気に入った業者だけに予約の連絡が入れられます。

 

ネット上で見積もり予想額・口コミが比較可能

引越し予約サービスでは、まず引越し元・引っ越し先の住所、引っ越す人の人数、荷物の量をを入力します。
引越し情報入力

 

すると、対応できる業者が一覧表示されます。

 

対応業者一覧-予約画面
予想料金・特典・トラックタイプと作業員数・口コミ・基本サービス内容がネット上で比較出来、そのまま予約まで出来てしまいます。

 

電話応対することなく、ネット上で比較して気に入った業者に予約まで1度に出来てしまうので、やり取りや交渉が苦手な方にとてもおススメです。値下げ交渉は出来ませんが、基本サービスも15項目ほどとかなり細かく比較できるので納得して予約できると思います。

 

詳しくはこちらから→引越し侍 引越し侍予約サービス

 

ネットだけで比較・予約が出来る!引越し侍の引越し予約サービスはこちら